Central International Law Firm
Home > ニュース・資料 > ニュースレター
•  存続期間延長登録の効力の及ぶ範囲 (November, 2013)
•  韓国において実用新案が特許よりも有利か (July, 2013)
•  2013年7月1日から変わる特許制度 (July, 2013)
•  韓国特許法及び実用新案法の改正案について (July, 2013)
•  韓国企業との特許ライセンス交渉の留意点 (July, 2013)
•  知的財産権を企業の資産として活用するための方策 (April, 2013)
•  許可等に基づく特許権存続期間の延長登録出願の対象発明の改正について (April, 2013)
•  韓国で初めて位置商標を認定 (April, 2013)
•  特許審判と審決取消訴訟における「自白」の効力に関する最新判例 (April, 2013)
•  選択発明の進歩性判断基準 (January, 2013)
◀◀  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10   ▶▶

COPYRIGHTⓒ2011 CENTRAL Intellectual Property & Law. ALL RIGHTS RESERVED
Korean 82-2-767-1100 English 82-2-767-1200 Japanese 82-2-767-1300 Emergency 82-2-767-1111 FAX 82-2-767- 1234 E-MAIL ip@cipl.kr
住所: 大韓民国 ソウル特別市 鍾路区 鍾路5ギル68 コリアンリビル 5層 CENTRAL INTELLECTUAL PROPERTY & LAW.